姿勢でお悩みなら姫路の姿勢矯正ストレッチのプラスボディリメイクへ ●姫路バイパス 中地IC 下車5分 【定休日】水曜日

menu

Plus Body Remake

胸郭出口症候群とは!?

血管や神経が圧迫され肩こりや痺れなどが起こる!

胸郭出口とは、鎖骨と第一肋骨の間で、首の前方にある前斜角筋と中斜角筋に囲まれた部分で、鎖骨下動脈、静脈
心臓と腕を結ぶ血管や、脊髄から腕につながる上腕神経叢が胸郭出口を通っています。

胸郭出口が狭いとこれらの血管や神経が圧迫され、肩こり首、肩の痛み、腕の冷感や脱力感、肩や腕に痛みや痺れなどの症状が現れます。

上腕神経叢は腕の末端に行くほど細かく分かれ、末梢神経となり手指まで達します、そのため、上腕神経叢が受けた
刺激は肩から、指先まで広い範囲に伝わり、また、交感神経とつながっていて自律神経に影響を与えるため、顔面の痺れ、頭痛、吐き気、目のかすみなどが起こることもあります。

なで肩で筋肉があまり発達してない人に起こりやすく、男性では中高年でいかり肩、筋肉質、首の短い人に多く、血行不良や神経の炎症を起こすことが原因とされています。

 

肩の体操!

  1. 壁を使って腕立て伏せ体操。
    壁から40㎝ぐらい離れて両手を壁につけ、ゆっくり腕立て伏せをする
  2. 閉じ開き体操。
    両手を頭の後ろにわまし、肩甲骨を背中の中央に寄せるように閉じ開きする。

諦めずにお電話下さい

たけ整体院 お客様の声

関連記事

plus-body-remake-選手ケアー参加による臨時休業について

plus-body-remake-選手ケアボランティア活動報告