姿勢でお悩みなら姫路の姿勢矯正ストレッチのプラスボディリメイクへ ●姫路バイパス 中地IC 下車5分 【定休日】水曜日

menu

Plus Body Remake

骨盤裂離骨折について

成長期の骨には成長軟骨があります。

この部分が筋肉や腱に引っ張られると、その部分で剥がれてしまう(裂離骨折)という障害が発生します。

骨盤の骨にも成長軟骨があり、全身の中でも(裂離骨折)が起きやすい部分とされています。

成長軟骨は骨を成長させておおきくする働きがありますが、骨が成長する時期は、骨の長さが伸びることによって、
相対的に筋肉は短くなってしまい、そのため、筋肉は常に緊張した状態になり、骨端核を引っ張ることで(裂離骨折)を引き起こす原因になります。


全力疾走やボールのキックで

骨盤には多くの筋肉が付着していますが、
上前腸骨棘には縫工筋が付着し、
下前腸骨棘には大腿二頭筋が付着し、
また、坐骨にはハムストリングが付着しいて、
これらの筋肉は、
全力疾走をするときに大きな力を発揮します。

これらの筋肉が引き伸ばされ張力がおおきくなり、
これらの
力が成長軟骨の強度を超えると、骨のかたまりが剥がれたりします。

 

ストレッチで柔軟性向上!

成長軟骨が消えて成人の状態になる時期は、部位によって異なり、
骨盤の骨では高校生以降
の年代になります。成長期後期には成長軟骨層が薄くなり、骨化が進むため、裂離骨折は起こりにくくなり高校生での発生は少なくなります

裂離骨折の危険性が高いのは骨の成長が活発な時期で、この時期には筋肉の柔軟性が低下し、裂離骨折の危険性を高めているので、関係する筋肉のストレッチを十分に行うことで予防に役立ちます。


この裂離骨折が起きやすいのは、最も身長が伸びる中学生ですが、成長が早い場合には、小学高学年で発生することがあります

諦めずにお電話下さい

たけ整体院 お客様の声

関連記事

plus-body-remake-選手ケアー参加による臨時休業について

plus-body-remake-選手ケアボランティア活動報告