姿勢でお悩みなら姫路の姿勢矯正ストレッチのプラスボディリメイクへ ●姫路バイパス 中地IC 下車5分 【定休日】水曜日

menu

Plus Body Remake

動き始めに腰が痛む原因!

1・慢性の摂食過多から左の肋骨が下がる

胃は長時間酷使され疲れきっているため、疲労により硬直した
胃の影響で、左の肋骨や、脇腹の動きが制限され、しだいに
肋骨が下がる。

 

2・左の背中や脇腹の筋肉が硬直する。

胃の働きが鈍ると胃腸周辺の筋肉も緊張し、神経を介して胸椎5番
、6番、9番、10番へと波及し、さらに肋骨が下がる。

 

3・右肩で引っ張り上げるため左右差が大きくなる。

肋骨や筋肉の硬直により、体の左側に力がなくなり、腰全体から力が
抜けて、右の腸骨まで下がってきてこれを食い止めるのに、右肩で、
体を引っ張り上げるようになり、体の左右の働きや疲れに大きな差が出る。

 

4・体の側屈にかかわる脊柱起立筋群が硬直する。

左右差がでると、普段の姿勢でも片側にかかる負担が激しくなり、
そのため側屈の動きをする脊柱起立筋がさらに硬直する。

 

筋肉の血流が悪くなると、発痛物質がたまり、これが凝りの原因でもあるので
運動や、ストレッチで体を動かして痛みをとりのぞきましょうね!


諦めずにお電話下さい

たけ整体院 お客様の声

関連記事

国境なきセラピスト団に参加しています

plus-body-remake-選手ケアー参加による臨時休業について

plus-body-remake-選手ケアボランティア活動報告